にやっとカンパニーのBlog

ここは叫遊佳の個人サークル「にやっとカンパニー」のブログです。 内容が主に成人向けなので、18歳未満観覧禁止でお願いします。 が、結構どうでもいい記事ばっか書いてます。

やはり・・・極意・・・っ!

顔の輪郭を曲面デフォーマで作り、粗方動きを調整した後
口パクとか作ってなかった事に気づき、設定。

んで口パクであごが動かないのが微妙に気になったんだけど
これ複数パターンで弄らんとアカンのか、と思った所で、しょうだ曲面足そう、と思い
顔の輪郭デフォーマと同じくらいの曲面を設置。

親子関係を設定して、
顔の輪郭絵はこれに子設定、新デフォーマは輪郭曲面デフォーマに子設定。
で、口パクに合わせて新曲面デフォーマを動かす。

これを行う事により、親子関係が設定されているので
輪郭の動きと連動して大した設定も要らずに口パクができるようになった。


うおおこれまで複数設定してた労力が無駄に・・・じゃない、軽減できるじゃないか!!!
やはりこれが極意かっ!!


そして後付けプログラムのように増え続ける曲線デフォーマ・・・
まぁしょうがないね便利だからね'`,、('∀`) '`,、


つか・・・設定すればするほど出力する枚数が増えるんだよな・・・もうあほみたいに。。
ここから要らないところをそぎ落とすのか・・・うまく切れるの・・・か・・・??

デフォーマを重ねる

親子関係はどんどん追加できるってのに気づいた(゚Д゚)!
というか、なんとなくモヤッとしてたのが確信になったと言うか。

元ポリゴンを変えずにデフォーマを操作して絵を変えるってのを前に書いたんだけど、
親子関係をデフォーマで繋げば子のパターンを纏めて動かす事が出来る。


具体的には、

曲線デフォーマ1
  ┗デフォーマ2
     ┗デフォーマ3
        ┗ポリゴン絵 

として親子関係を作ると、デフォーマの1から3のどれを弄っても絵が動く。
で、子関係のそれぞれの場所を弄った場合は上の親のデフォーマに影響が無い。 

1を弄った場合は、2、3、絵のすべてに影響を及ぼし、
2を弄った場合は、3、絵に影響を及ぼし、1に影響を及ぼさず、
3を弄った場合に絵には影響があるが1と2に影響が無い、って感じ。
絵を直接弄った場合もデフォーマには影響が無い。

更に、この子をどんどん繋げる事によってパターンがいくらでも増やせる。

どうにも分かり辛いんだけど、これが重要な理由は、
複数パターンを作成しなきゃならないとこを曲線デフォーマに割り振る事で
パターン作成の数を劇的に減らせるって事。


ああっ、さらに分かり辛いっ_no

なんというか、コレ極意なんじゃね?くらいに思える事なんだけど
うまく説明が出来なくて再びモヤッとしてきた・・・

一応メモっておくけど後で見た時分かるだろうか自分'`,、('∀`;) '`,、 

まだかかるなぁ・・・

ようやっと何とか動かせるようになってきた感じなんじゃけども
あれのあれ処理で詰まった。。。


 モザイク処理なんだけども。。。。


やべぇコレどう処理すればいいんだ
一枚一枚pngで出力して加工か? それしか無いか??

動画のモザイク処理って普通どうやるんだろう???


ちょっと調べるか~'`,、('∀`;) '`,、

あっ・・・あっっ・・・

作ってる絵に違和感がある・・・が、どこが違和感なのか分からなかった。

で、間を置いてみるとなんか線が太い・・・。
と思ったら主線入れる時のペンの設定が前と違ってた。。

ぐあああコレに気づかんとかやってもうたああぁぁぁ/(;´Д`)\

という戯言(´・ω・`)

Live2D内でモーションを使わず絵をパラパラ変える方法(失敗メモ

単純な形でできるかもしれない(゚Д゚)! (フラグ


0から1へのモーションへ移動する際の、
その途中のモーション数は決まってるってのに気づいた。

0から1に至るまでに、途中のモーションがいくつも補完されるわけだけど、
その最小単位は 「0.001」

つまり、0から1までに、0.001~0.999までのモーションが補完されている事になる。


えらい滑らかに動いてるからまるで気づかなかったんだけど、
なるほどモーションの補完数は無限ではない訳か。
当たり前っちゃ当たり前なんだけども。。


では、最小単位での移動ならば、モーション補完はされない(物理的に出来ない)のでは?

と考えて、パラメータを、 0~0.001 と設定して絵を動かしてみると・・・
途中の補完全く無しで絵がぱっと入れ替わる。

お? うおお!? コレはパラパラアニメいけんじゃね( ゚Д゚)!?

つまり、パラパラアニメさせたい時は、
その中間点が作られないようにパラメータを最小値で収めればいい。

手をグーからパーにするパラパラアニメを描いたとしてそれが5枚とした場合に、
値を、 0、 0.001、 0.002、 0.003、 0.004 と設定して動かしてやれば
上手くいくに違いない!!!






と思っていた時期が俺にもありました・・・(;´д`)(遠い目

モデラーのほうでは確かにそれでうまくいく。
しかしアニメーターに移行して動きを制御してみると、
なんと途中のモーションが補完されてしまうではないですか!!


ああ、だめだ、アニメーターのほうでぽちぽち制御するしかなさそうだ・・・。
まぁ失敗ではあるんだけど、挙動が少し理解できたのでメモっておくか。

この手間を無くす方法があればいいんだけども、どうしたもんかなぁ'`,、('∀`;) '`,、 

27日にSAOの新作ゲーが

ホロウリアリゼーションが出たんだけども実は買いました(`・ω・´)

どう見ても時間取られることが分かってるんだけども
これは・・・っ、 これだけは外せなかったんじゃよっっ

とか言いつつ前買ったReホロウ+ロストソングは
Reホロウはクリアしたもののロストの空中戦で躓きクリアできてなかったりするんだけども
そんな状態でリアリゼーションを開始。

いや、ほどほどにやるつもりではあるんだけども|ω・`)
ハマりこむととんでもなく時間食いそうなのでちょこちょこでやろう。。


で、やってみた感じ、どう見てもフィールドがホロウエリアでした本当にあ(ry
でもって物語はADV形式で進む。アクションとADVが半々な感じか。
アクション部分の操作感は非常に良くて、ホロウフラグメントの敵選択が簡略化されて
ぱぱっと攻撃を叩き込める爽快感とか、かなりいい。

細かい動作だけど、
攻撃時に距離が足りないと1歩踏み出したりの挙動があったりするんだよなぁ
相手をロックすると突進技が相手をすり抜けないで止まったりとかするのもいい
ここら辺、うまく言えないけども、完全にアクションじゃなく、どことなくRPGみたいな感じと言うか。

ホロウフラグメントみたいな自動攻撃は無くなってるんだけどそれは良いとして、
通常攻撃の連撃だけ不満で、これがボタン押しっぱなしで連射続けてくれたら
文句無かったんだけどなぁ、こいつはスキルが続くから無理だったんだろうか・・・?


そしてあれだ、女性キャラを街中で連れまわせるんだけど
街中で起こせるイベントで吹いた。

キャラの話にうなずいたりしながら距離をじりじり詰めるあのイベント。
誰だよあれ考えたの!! 天才か(゚Д゚)!!?
何コレエロゲじゃないの?あれ?KENZENだから一般?くっ、なぜエロゲじゃないし!?


や~、こんな3Dアクションを作ってみたいものだなぁ
そんな技術は無いけども。機会を作って学びたいものだなぁ(´д`)(遠い目

ま~、SAOは息抜き程度にやって進めるとして、ゲーム制作を続けなければ'`,、('∀`) '`,、
作品一覧
サークルプロフィール
サークルバナー
にやっとカンパニーのバナーです。
ただし仮設置。
後で交換する予定(;´Д`)
相互リンク。゚+.(゚∀゚)゚+.゚
DL作品の取り扱い。
こっちは同人誌。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • RSS
  • Dlsite blog